HOMEお問い合わせ
ENGLISH
大阪大学 ピアス(皮膚再生技術)共同研究部門
研究内容
 当部門は、異分野領域の共同研究によって、体内誘導型の組織再生技術、特に皮膚や皮膚付属器官の組織再生及び高機能化のための新技術創出を目指します。
  そのために、多種の天然物由来の物質や低分子化合物などを使った機能解析、間葉系幹細胞に関する機能解析、レーザー・光イメージング技術を用いた皮膚細胞評価技術、の3つを組み合わせたケミカルバイオロジーの研究手法を用いて、組織再生を誘導する活性を持つ化合物の探索・同定を行い、皮膚組織の再生及び高機能化のための技術創出を推進します。以下、現在進行中の研究テーマがあります。

皮膚断面模式図

皮膚再生に関連した天然物や低分子化合物のライブラリー構築

生物学的アッセイによるスクリーニング系の構築と皮膚再生を誘導する活性物質の分離及び機能解析

有効物質の皮膚内送達製剤技術、レーザー・光イメージング評価技術の開発