HOMEお問い合わせ
ENGLISH
大阪大学 ピアス(皮膚再生技術)共同研究部門

部門概要

 本共同研究部門は、間葉系幹細胞を動員する物質の分子生物学的な研究と、有効物質の応用技術を開発するための製剤学的な研究、そして検出系のレーザー・光イメージング研究を融合することにより、特に皮膚組織の再生及び高機能化のための技術開発を目的としています。これには、それぞれの分野で相当の技術を有する複数の専門家が医工連携の組織で取り組む必要があり、共同研究部門として設立されました。
 その成果は、不明な部分の多い間葉系幹細胞の機能研究にとって極めて重要な情報をもたらすことで学問的価値があり、さらに高い安全性と有効性を兼ね備えたアンチエイジング医療・美容技術の創出につながることで、大きな社会貢献を果たすことを期待しています。

部門概要イメージ

イメージイラスト